MENU

電話も書類もなしで借りる方法がある

キャッシングを利用しようと思い色々と調べてみると、審査の時に勤務先への在籍確認の電話がある事がわかり、利用を躊躇する場合もあるでしょう。家のローンや車のローンなど、目的のはっきりしたものであれば周囲に説明もしやすいですが、目的不明のローンに関しては個人的な事情もそれぞれ違うので、あまり言いたくないかもしれません。

 

また、会社によってはわからない相手から突然電話が来ても怪しい電話と認識して取り継がない事もあります。ですから、在籍確認の方法によって借り入れ先を選ぶ人も少なくありません。

 

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

書類の審査だけでお金を借りる方法

では、電話ではなくて別の方法で在籍確認をする事はできないのだろうかと考えるかもしれません。消費者金融でも銀行でも、多くは電話での在籍確認が原則ですが、書類のみの在籍確認で審査をするサービスを提供している会社があります。それが消費者金融のモビットです。

 

コマーシャルでもよく聞く名前なので、おそらく多くの人がその名前を知っているはずです。モビットでは、様々ある申込方法のひとつに「WEB完結」という方法を採用しています。他社でも同様の呼び名の申し込み方法がありますが、モビットのWEB完結は少し違います。通常電話で行われる工程の全てが、書類やメールなどの方法を使って行われますので、勤務先への電話ももちろんありませんし、利用者本人への連絡も電話ではなくメールが原則です。ただし、どうしても必要と判断された場合には電話での連絡や確認が行われる場合もあります。

 

WEB完結を利用するにはモビット指定の条件がいくつかあり、誰でもすぐに申し込みができるわけではありませんので事前に確認が必要です。名前がWEB完結というだけあって、申し込みは当然インターネット上という事になります。キャッシングを申し込むなら出さなければならない書類も、カメラで撮った画像を送信します。本人確認と勤務先への在籍確認用の書類として、免許証や収入証明書、社会保険証などがあります。

 

WEB完結では、電話連絡だけでなく手続き上の書類もキャッシュカードもありません。ですから、借り入れはATMからではなく全て振り込みとなります。銀行振り込みで即日借り入れをしようと思ったら、平日の14時までには全ての手続きを完了させるようにしましょう。

 

モビット以外の消費者金融は全て電話で在籍確認なのか

在籍確認の基本は電話です。それはモビットであってもWEB完結以外の方法ならば同じ事です。消費者金融の場合、電話で在籍確認をする時は個人の名前を名乗ります。ですから、消費者金融からの電話である事はもちろんの事、審査の為の在籍確認である事も絶対に言いません。

 

この電話には必ずしも本人が出る必要があるわけでもなく、会社に不在であったとしても勤務先の対応次第できちんと確認が取れます。もしも本人が電話を取るようにしたければ、事前に日時を相談する事も可能です。もしも電話での在籍確認が難しかったり、どうしても避けたいなどの場合にもやはり事前に相談してみましょう。

 

銀行カードローンの在籍確認

銀行カードローンの在籍確認は、消費者金融とは違って銀行名を名乗ります。ただ、どのようなローンであっても銀行は必ずそのようにしますので、勤務先は意外と慣れていて対応もスムーズに行われる場合もあります。銀行名を名乗っているので、本人にも取り継いでもらえるでしょうし、不在でもそれなりの対応をするでしょう。もちろんカードローンの審査である事はわかりませんので、過度に心配する事もありません。

電話確認なしでキャッシングを利用したい

キャッシングを利用する際に気になるのが周りに利用がバレないかだと思います。生活が苦しくてキャッシング利用したいけれどバレるのは恥ずかしいという人は少なくありません。基本的にキャッシングの利用時には在籍確認などの電話があります。自宅はもちろん職場の場合は特に自分以外が電話に出る可能性は高いですから心配なのは分かります。

 

ほとんどの消費者金融では電話での在籍確認を行っています。この際に当然ですが社名などは名乗らずに電話をするように徹底されています。これはクレジットカードなどの申し込みでも同様ですから借金であるとすぐに気付かれる事はほぼ無いと言えるでしょう。それでも在籍確認の電話は嫌だと考える人は多く、できる事なら電話なしで利用したいものです。実は電話での在籍確認不要のキャッシングも存在しています。

 

別の方法で在籍確認ができれば電話確認は不要

代表的な会社だとモビットが挙げられます。モビットではインターネット上で手続きが完了し自宅や職場への電話での在籍確認がありません。

 

電話確認を行わないため別途必要な書類があります。多少面倒ではありますが、電話確認なしで安心してお金を借りるためには仕方がありません。

 

必要書類を揃えれば電話での確認が不要に

キャッシング利用時に50万円以下の借入希望金額であれば必要な書類は身分証明書だけです。ですが電話確認を行わない場合は給与明細書や所得証明書といった収入と会社名が記載された書類を用意する必要があります。会社にきちんと在籍していて安定した収入があるかどうかを審査したいので会社名が入っている事が必要なわけです。また、この必要な書類の種類についてはキャッシングの業者ごとに異なる場合があります。

 

ほとんどの場合はホームページ上で必要な書類についての記載があると思いますので、事前に確認して用意しておくようにしましょう。また、例に上げたモビットの場合は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている必要がありますので注意しましょう。

 

業者によっては相談すれば電話確認以外の方法に変更してくれる

例にあげたモビット以外にも電話確認が不要なキャッシングはいくつか存在します。また基本的には電話確認を行っている業者でも相談すれば融通をきかせてくれる事もあります。とは言ってもお金を貸すわけですから在籍確認自体は必ずあります。追加で書類を用意するなどの手間はかかりますが、在籍確認自体を行うことは覚悟しておきましょう。

 

まずは申し込み時に相談してみる

キャッシングを申し込みする時点で業者側に相談してみるのが一番良いでしょう。例えば自宅への在籍確認の電話などは時間帯を指定することで確実に自分が出られる用にしておくといった形を取ってくれる場合もあります。こうした方法であれば身内に借金がバレてしまうリスクは最小限となるでしょう。もちろん必ずしも対応してくれるわけではありませんから、場合によっては別の業者を利用することも考えた方が良いかもしれません。

 

銀行カードローンではほぼ確実に電話確認あり

銀行のカードローンの場合は確実に電話確認があると言ってよいでしょう。この辺りはやはりと言うべきでしょうか、銀行は融通をきかせてくれません。銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利でサービスを行っているため審査条件が厳しくなっていますので、電話での在籍確認が必須というのも仕方がありません。電話での確認を避けたい場合は消費者金融のキャッシングを利用するようにしましょう。

更新履歴