MENU

消費者金融と何が違うのか

カードキャッシングは、以前から盛んだった消費者金融だけでなく、銀行でも積極的に促進している事業のひとつです。かつては全く違う世界だった銀行と消費者金融も、いまでは双方が提携して事業を行う事がほとんどになっていて、そのやり方もかなり似ています。もちろん両者でメリット、デメリットがあるので、利用者の状況によってどちらがいいかは分かれるかもしれません。

 

銀行カードローン

銀行のカードローンのメリットは、何と言ってもその金利です。消費者金融はいわば銀行からお金を仕入れて貸し出しますから、どうしても銀行よりも利息が高くなってしまうのは仕方のない事です。

 

また、銀行という業態自体に対する消費者からの信頼があるので、借り入れにしても安心感を持って利用する事ができると感じる人も少なくありません。大手銀行であれば店舗も多く、専門のスタッフがしっかりと対応してくれますから、慣れない利用者でも気軽に相談できるという事もひとつの安心になっています。

 

銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行カードローンの利用をためらう原因のひとつとして、審査が厳しいのではという心配があります。確かに銀行と消費者金融を比べてみても、審査には若干の違いが見受けられます。例えば審査では個人の属性と呼ばれる項目がいくつもあります。銀行の審査では、チェックされる項目が消費者金融より多くて、より詳細なチェックが行われます。

 

また、勤務先に勤めているかどうかの確認作業も、必ず電話で行います。その時には他のローン審査と同様に、銀行名を名乗ってから、その申込者がいるかどうかを確認する事になります。この工程を懸念して銀行での借り入れをためらう人もいますが、あらゆる融資の審査で同じ事をします。何のローンを利用したのかまでは職場に知られる事はありませんので、過度に心配しなくても大丈夫でしょう。

 

もちろん虚偽の申告などもってのほかで、審査に通したいあまりに現状を偽って申告しても、調べてわかってしまえば全てが台無しになります。審査をいきなり申し込むのが不安なのであれば、銀行に直接相談をしてみれば的確なアドバイスをもらう事ができるでしょう。

 

銀行カードローンしか利用できない人もいる

何となく敷居の高いイメージの銀行ですが、消費者金融がダメでも銀行なら借りられるという人もいます。それが専業主婦です。自分個人の収入がない専業主婦は、配偶者に所得があれば銀行ならお金を貸してくれます。しかも、本人確認書類のみで借りられる場合もありますので、そのような人には銀行の利用をおすすめします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日