MENU

グレーゾーン金利についての説明

皆さんは金利には貸金業法によって、利率が定められているのはご存知でしょうか?つまりは、現在営業しているキャッシング会社などは法律によって出されている金利によって利益を上げているということです。

 

国で定められている利率制限法では、

 

  • 元本10万円未満で年20%まで
  • 元本10万円以上100万円未満で18%まで
  • 元本100万円以上で15%までと上限の金利が定められています。

 

見てわかるとおり、国が定めている利率は元本が高くなればなるほど金利の上限が低くなっていくんです。しかし、グレーゾーン金利というのはこの法が決めている金利と最大上限29.2%の金利の間のことを指しています。では、なぜ法で定められている金利より上のグレーゾーン金利というのが生まれるのか。

 

それは、例外として書面を作ってあらかじめ返済をする側に渡しておけば、法で決められた金利以上のお金を払ったとしても違法にならないという条件があるからです。そして、その条件を満たした上での上限金利というのが、先ほど数字で上げた29.2%なのです。

 

期間内のみ無利息で利用できるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

グレーゾーン金利の現状

主にこのグレーゾーン金利を利用しているのは、個人営業の貸金業、または闇金業者が多いです。また、利用する人々は、皆様が知っているようなキャッシング会社から借り入れを停止させられた人たちがほとんどです。つまりは、お金が工面できない人々の弱みに付け込み、高い金利を提示した上でお金を貸しだしているのです。

 

だが、この曖昧な上限金利問題も終止符を打たれることになりました。それは、平成22年6月18日に出資法において、上限金利が利息制限法と同じ20%に引き下げられたのです。また、この改正と同時に貸金業法にも改正が行われました。これにより、先ほど述べた条件を満たしていても上限金利以上の金利をもらった場合、行政処分の対象になりました。つまりは、グレーゾーン金利というのが実質的になくなったのです。

 

 

最近、CMなどで過払い金の請求をしてくれる法律事務所が増えましたね。それは、この法律が可決され、法律の改正などがしっかりしたことにより、それ以前にグレーゾーン金利を払い続けてきた利用者たちが、過払い金の返還請求を裁判所等に持ちかけることが多くなった背景などがあるからです。

 

このキャッシングすることに当たり、一番大事なのは自分の自制心を保つことです。それは、もしお金を借りなければならないという状況下に置かれてもです。もし借りなければならない状況になってしまったのであれば、まずは、借入先をきちんと自分の目で選別していきましょう。また、お金を借りる前に自分の金利を把握しときましょう。そして、どれくらいで返せるかなどの返済の目処を計画しましょう。

 

ここで、一番理解しといて欲しいのは、利息そのものは法律によって定められているため、どこの会社においても金利の差などはありません。また、大手のキャッシング会社などではグレーゾーン金を適用していません。

 

まとめ

大手の企業の場合は、まずグレーゾーン金利で運営するなんていうことは絶対ありません。したがって、もし借入するのであればCMやメディアなどで有名な大手企業からが、将来的な金利トラブルを回避する術です。

 

間違っても、巷に言われる街金などから借り入れはしてはいけません。そのときは簡単に手に入ったお金も、将来的に金利に苦しめられるのはあなたということを覚えておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日