MENU

借金を滞納するとどうなるのか?

キャッシングの返済を滞納してしまうと様々な問題が発生します。まず大前提として返済日にはきちんと返済するようにしましょう。どうしても無理な場合は絶対に金融機関に連絡するようにしましょう。最悪の場合返済の意思がないとされ、融資自体をストップされてしまいます。

 

まず支払いが滞納してしまうと遅延損害金と言って本来支払うべき金額に上乗せで支払う必要が出てきます。キャッシングでは数百万円といった大口の融資を受けている人も少なくありません。1回あたりの返済金額や期間が長くなることで不払いが発生しやすいようです。

 

返済をしっかり行えなかった場合は通常ハガキにて通知が来ます。場合によっては電話での連絡の事もあるようです。まず不払いを発生させない事が一番ですが、万が一返済が遅れてしまった場合は速やかに返済する必要があります。しかし、返済を滞納していても法外な取立てを行う業者は殆どありません。特に大手の金融機関などは法律も厳しくなっていますから取立てにかんしては殆ど無いと言って良いでしょう。このようにハガキによる通知だけなので軽視する人も多いようですが、不払いを続けているとどんどん状況が悪くなっていきます。

 

返済を延滞した場合のデメリット

キャッシングの返済をしっかりと行えず滞納した場合には大きなデメリットがあります。まず既に書いたように遅延損害金がかかってきます。銀行や消費者金融で融資を受けていた場合、ほとんどの場合で20%という利率がかかります。
返済を滞納してしまうくらいですから利率20%というのは相当大きなダメージでしょう。なお遅延損害金は日割り計算されますから、お金が用意できたら速やかに返済することで最小限の額に抑える事ができます。また返済自体が遅れて遅延損害金が発生しても返済自体をしっかり行えば問題なく処理してくれます。

 

次に滞納した場合のデメリットとして信用情報への記載が挙げられます。信用情報には借入の申し込み履歴や金額の他、滞納したという事実が記載されます。この滞納したという情報は2年ほど信用情報に残る事になり、信用情報に傷がついた状態では新規の借入が断られる可能性が高まります。クレジットカードの審査なども通過できなくなる可能性が非常に高いでしょう。

 

更に滞納を続けると最終的にキャッシングの強制解除となります。ここまで行くと更に信用情報に傷がつき5年間も情報が記載されたままになります。強制解除まではいかなくても滞納を続けるとキャッシング枠が残っていても一時的に利用できなくされる事があります。利用できなくなる期間については金融機関ごとの差はあるものの利用がストップして困るようであれば注意する必要があります。

 

まとめ

基本的には借金の返済は期日にしっかり行うこと。もし遅れても派手な取立てはされないが遅延損害金が余計にかかってしまう点に注意。滞納すると信用情報に傷がつくため新規の借入ができなくなる可能性が非常に高いでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日