MENU

何で信用情報機関に登録されちゃうの?

返済遅延や滞納を繰り返すと、いわゆるブラックリストに事故情報として登録されてしまいます。実際には、ブラックリストというものは存在しませんが、信用情報機関という機関に登録されます。加盟している金融機関が、情報を提供・共有することで、申し込み者が信用できる人物かどうかを、判断することができるのです。

 

信用情報機関に登録される内容は、事故情報だけではありません。申し込み情報や、返済状況に関しても登録されています。キャッシングだけでなく、クレジットカードなどの事故情報も登録され、申込時の審査に深く影響します。
信用情報機関は、3カ所あり、自分の情報を郵送か窓口で開示依頼することができます。依頼する際には、有料となります。

 

何をすると事故扱いとなるの?

 

  • 延滞
  • 代位弁済
  • 債務整理・自己破産
  • 強制解約

 

以上の返済に関する怠った行為をすると、信用情報機関に登録されます。代位弁済って聞き慣れない言葉ですが、これは返済が出来なくなってしまった時に連帯保証人などに切り替わった時に言われます。信用状機関は、CIC、JICC、KSCの3カ所あります。消費者金融業者や、クレジットカード会社の情報は、CIC、JICCに登録されます。KSCは、銀行系の情報が登録されます。

 

「勝手に、自分の情報が閲覧されている!」と、思われるかもしれませんが、信用情報は加盟会社が申込者から信用情報機関への紹介・登録に関する同意を取得した上で利用されています。

 

  • 個人情報の信用情報機関への提供
  • 個人情報の登録
  • 個人情報の他会員への提供
  • 個人情報の使用

 

早く申し込み手続きを進めたいばかりに、同意欄に目をあまり通さない方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。こういった信用情報の同意について、申し込み時の同意欄に書かれています。事故情報が登録されていないか、過去の返済状況は健全か、クレジットカードの保有状態や申し込み件数、などを総合的にみ見て、審査されます。

 

自分が信用に値する人物であることを証明するための機関でもありますが、過去に事故情報が登録されてしまった方は、審査に落ちてしまうという残念な結果になってしまう訳ですが、事故情報は一生登録され続ける訳ではありません。

 

  • 登録期間とは?
  • 申し込み情報は半年
  • 延滞や債務整理などは5年〜10年

 

結論

審査に何故か落ちてしまうという場合は、信用情報機関に問い合わせてみましょう。もしかすると、奨学金の滞納や、携帯・公共料金の滞納などが過去にあるかもしれません。また、大きな事故情報ではなくても、借入件数が多かったり、短期間に何件も借り入れの申し込みをしていると、怪しまれて審査に落ちてしまったり、審査に時間がかかってしまうことがあります。

 

大きな事故情報は、5年、10年と長い期間登録されて、登録期間はキャッシングやクレジットカードの申し込みができなくなります。本当に借り入れが必要な時に申し込むことができないと大変なことになりますので、借入と返済は無理なく計画的に行いましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日